研究開発
帯鋼から切削代替品へ
帯鋼から切削代替品へ

従来、切削で加工している物のプレス化に成功致しました。 弊社の絞り加工技術をさらに発展させ、絞り部品の側面の加工、フランジ部の加工を実現させました。 トルクなどの強度的な部分も解決し、現在ではステンレスでの加工とステンレスより 安価な材質の鉄材などを使い研究開発を続けております。 従来切削品で加工している物ですから、プレス化すれば大幅なコストダウンに繋がっていきます。
■共同開発/市場調査
  市立高崎経済大学